アダルトショップの夢創庫!大阪の大人のおもちゃ、玩具・アダルトグッズの専門店

【高田店長オナホレビュー】ヴァージンループダブルモーション、納得のデキでした。

 

どうも皆さん

岸和田店長の高田です。

あのヴァージンループが新しい構造を引っさげて新登場です。
しばらく発売しないと踏んでいたんですが、ほんといきなり来ました。
仕方ないので昼休みを利用して家に帰り、今から“仕事”するから部屋に入ってくるなと嫁に言ってついさっき使ってきましたのでご報告いたします。

まずヴァージンループについてのおさらい

オナホの構造で定番のハズのミゾをRIDE JAPANは独自のクローバー構造で立体的なアクセントを加えることで繊細かつ飽きがきにくい最高のオナホールに仕立て上げてくれました。
ハード版も同じ構造で素材をハードにすることで脅威のゾリゾリ感に仕立て上げ、多くのオナホユーザーを1分~3分程度で果てさせてしまうという超高刺激ホールの代名詞的存在に。

オナホール界でもぶっちぎりでキモチイイので、夢創庫でもガンガン押していたんですが、BSスカパーのTV出演から千原ジュニア氏の目に留まり大ヒット。
地上波でもTENGA以外で始めて大きく取り上げられ、全国各地で爆発的な広がりをみせ品薄状態になるほどのオナホ業界の社会現象になりました。

今回の新作ホールはその「ヴァージンループ」の名を冠しているので、RIDEさんにもすごいプレッシャーがあるのでは?と思いつつ使ってみました。

シリーズ最大、最重量、そして新ギミック。

箱の時点で明らかにボリュームが大きくなってるのがわかります。

初代が264gでダブルモーションが520gと、ほぼ倍増なので

「肉厚感を維持したままあのゾリゾリ感が味わえるなんて……」

と期待が高まります。

そして一番の特徴は、インナーループと呼ばれるスティックが内蔵されている点。

初心者にはわかりにくいと思いますが、オナホの中級者にもなればこのスティックを見ただけでチンピクが収まりません。

この細かいミゾがついたスティックは間違いなく亀頭~ウラ筋をこすりまくってくれると容易に想像できますね。
しかもかなり大きいので存在感がとんでもないことになっているハズ。

ではさっそく挿入してみましょう。

想像以上に良い仕事する新ギミック「ダブルループ」

入り口は大きめに作られており、かなりローションが注ぎやすくなっているのがうれしいですね。
個人的にホールの入り口なんてのは大型でもなければ挿入中見えもしないので、興奮の要素には殆どなりません。

いかに使いやすく出来てるか、というのに尽きます。

肝心の挿入感ですが、ヴァージンループの良さをしっかり引き継ぎながらも、内部のスティックが裏筋をこすり上げまくってきます。


竿の上部はゾリゾリ、スティック部分はガッツリゾリゾリといった感じで、強い刺激を感じられますね。
特に大きなひっかかりなどはなく、ヒダの刺激がずっと続くんですが、これがなぜか飽きがこない。

スティックスティックした自己主張の激しい刺激ではないので、これがスティック状でなくても同じような使用感だったと思いますが、ピローなどで固定して腰ふりをしたときに突く角度を少し変えてやることでこのスティックがうねうねしていい感じになるんじゃないかなと。

そんな風に感触を味わっていたら、恥ずかしながら4分くらいで「動いたらスグイクゾーン」に入ってしまいガチガチの状態でもないのに動いたらスグいってしまうモードに突入してしまいました。

このモードは共感できる人がいるかわかりませんが、最近多くなってきました。歳かな?
休憩を挟みながら最近ハマっている白石茉莉奈でフィニッシュ。
あー、これはいいホールですわ。

最初は重さの割に密着間については

「それほどでも無いな(スティックがあると少し隙間ができてしまう為)」

と、という気がして,

「価格を抑える為にもうちょっと軽くても良かったんじゃないか?」

とか思ったんですが、よく考えてみたら、もしこれが250gほどだったらなかなかにスカスカになってせっかくの構造が死んでいたかもしれません。
あー、なるほど、この構造を活かすために500gを選択したのか。

500gには500gなりの肉厚感=独特の密着感があるんですが、ダブルモーションは300gくらいの密着感になってるんですよね。

この300g程度の密着度というのが、恐らくダブルループ構造を活かしきる最低限必要なレベルで、その為に必要なのが最終的にこの素材「シルキングタッチ」での500gの肉厚だったのでしょう。


このあたりを計算して作っているのがさすがのRIDE JAPAN。

色々と本気すぎてちょっと感動するレベルです。

完全上位「補完」な存在。

店舗の来店されるお客さんの好みを聞いて、合いそうなオナホールをお勧めしているんですが、初代ヴァージンループでは刺激が足りなかった人に対してハード版を薦めているんですが、実はこの2つにかなり大きな刺激の開きが出来ています。

帯に短し、襷に長しのような感じでヴァージンループでは物足りなかった時にハード版を進めるのに少しリスクがあるんですよね。

このホールはそこを埋めるような感じのホールで初代より刺激よりなためちょうど空いていた穴にスッポリはまりました。
初代を使って物足りなかったらこのダブルモーションを、さらにダブルモーションを使って刺激が足りなかった人にはハード版をお勧めできるでしょう。

今回のダブルモーションの存在で、

ロングプレイをまったり楽しみたい人向け

ヴァージンループエイトロング

 

ほどよく連続的な刺激と、吸い込まれれるような感触で愉しむなら

ヴァージンループ

初代より1段階強めの刺激と、ヒダとコリっとしたウラ筋責め、そして密着感を愉しむなら

ヴァージンループダブルモーション

射精後に責められるが如くの耐えがたい程の高刺激をい味わいたいなら  

ヴァージンループハード

こんなカテゴリー分けが完成した事になりますね。

というか、ターゲット層としてはこの「ダブルモーション」が一番多そうですね。

自分のオナホ経験の中でも、これは多くの人に

自信をもってお勧めできる商品です。

もちろん、夢創庫にて絶賛発売中!

各店それなりの数を入荷してますが、これは各レビュワーやユーザー評価が高くなりそうなんで、気になる人は売切れるまえにご購入はお早目にどうぞ!

 

夢創庫の金・プラチナ買取